ピーマンの特徴。種類や品種~原産地や歴史などについて

ピーマンはつやつやとした緑色がうつくしい夏野菜のひとつです。日本でピーマンといえば緑色を思い浮かべる方が多いでしょうが、最近は緑色以外のカラーピーマン、いわゆる「パプリカ」もたくさん出回っています。赤色、黄色、オレンジ色のほか、白色や紫色など、さまざまな品種がスーパーに並んでいます。

特徴

ピーマンはナス目ナス科の一年草で、暖かい場所を好み、多湿と乾燥に弱いことです。日本では一年中流通していますが、これは冬から春にかけての寒い時期にはビニールハウスで加温して栽培されるためです。5月ごろに苗の植え付けがはじまり、7月から10月にかけて収穫されます。ピーマンの栽培量は茨城県、宮崎県、高知県がトップ3を占めており、全国の生産量のおよそ半分を生産しています。

ピーマンの栽培は難しくなく、初心者向けの野菜であるとも言われています。ピーマンに発生しやすいとされる病気はモザイク病です。モザイク病はアブラムシが原因で発生するため、虫がついているかどうかはこまめに確認しましょう。また、雨や水やり時に泥が跳ねてしまうと病気の原因になるため、敷き藁などを用い工夫するとよいでしょう。

ピーマン自体はトウガラシの品種のひとつですが、果実が肉厚であること、辛み成分であるカプサイシンを含まないことも特徴です。また、パプリカなどのいわゆる「カラーピーマン」では、未熟な場合緑色などですが、熟すと赤色やオレンジ色などの鮮やかな色になります。

原産地と歴史

ピーマンは辛みのないトウガラシの仲間で、名前の由来はスペイン語で広くトウガラシを意味する「ピメント」であるとされています。

ピーマンの原産地は中南米で、アメリカ大陸を発見したことで知られているコロンブスがヨーロッパへ持ち帰り、香辛料として広まったとされています。16世紀と早い段階で日本に紹介されていますが、それは今日の「トウガラシであり、私たちの思い描く「ピーマン」とは全く別物でした。

私たちが思い浮かべるピーマンが日本に入ってきたのは明治時代で、アメリカから持ち込まれてきたものです。このときにはヨーロッパに伝わった「辛みのあるトウガラシ」が品種改良され、「辛みのないトウガラシ」として姿を変え、イスパニア種という現在のピーマンとなっていました。ちなみにピーマンは、英語で「スイートペッパー」、つまり「甘いトウガラシ」と呼ばれることから、当時は甘とうがらし、または西洋とうがらしとも呼ばれていました。

種類と品種

ピーマンには一般的なもののほか、カラーピーマンという赤色や紫色など鮮やかな色のものがあります。パプリカはカラーピーマンのひとつとされています。

赤ピーマン

一般的なピーマンを赤くなるまで熟させてから収穫したものです。通常のピーマンと比べて7週間ほど後に収穫しなければならないため、生産量は少ないです。

こどもピーマン

タキイ種苗が開発した苦くないピーマンで、「ピー太郎」という名前が付けられています。濃い緑色とつややかな細長い形、苦みと酸味が少なく甘みが強いという特徴があります。実はピーマンというよりもトウガラシの変種です。

パプリカ

苦みがほとんどない、肉厚で大型のベル型ピーマンを指します。日本では宮城県、茨城県、熊本県で多く生産されている。韓国やオランダから輸入されることもあります。

フルーツパプリカ

ミニパプリカと呼ばれる小型のパプリカのひとつで、糖度が非常に高いという特徴があります。サカタのタネから販売されているセニョリータシリーズはフルーツパプリカにあたります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です